1986年(昭和61年)に流行した洋画ベスト10を解説

洋画

この記事では1986年(昭和61年)に流行した洋画を紹介しています。

1986年(昭和61年)に流行した洋画ベスト10

では早速1986年(昭和61年)に流行した洋画ベスト10を見ていきましょう。

1986年(昭和61年)に流行した洋画1位「バック・トゥ・ザ・フューチャー」


監督 ロバート・ゼメキス
製作 ボブ・ゲイル
ニール・カントン
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)
クリストファー・ロイド(エメット・ブラウン博士(ドク))
トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)

1986年(昭和61年)に流行した洋画2位「ロッキー4 炎の友情」


監督 シルヴェスター・スタローン
製作 アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
音楽 ヴィンス・ディコーラ
出演 シルヴェスター・スタローン(ロッキー・バルボア)
タリア・シャイア(エイドリアン)
バート・ヤング(ポーリー)

1986年(昭和61年)に流行した洋画3位「グーニーズ」


監督 リチャード・ドナー
製作 リチャード・ドナー
ハーヴィー・バーンハード
音楽 デイヴ・グルーシン
出演 ショーン・アスティン(マイケル・ウォルシュ(マイキー))
ジョシュ・ブローリン(ブランドン・ウォルシュ(ブランド))
ジェフ・コーエン(ローレンス・コーエン(チャンク))

1986年(昭和61年)に流行した洋画4位「コブラ」


監督 ジョージ・P・コスマトス
製作 メナヘム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
出演 シルヴェスター・スタローン(マリオン・”コブラ”・コブレッティ警部補)
ブリジット・ニールセン(イングリット・ヌードセン)
レニ・サントーニ(トニー・ゴンザレス巡査部長)

1986年(昭和61年)に流行した洋画5位「コーラスライン」


監督 リチャード・アッテンボロー
製作 サイ・フューアー
アーネスト・H・マーティン
音楽 エドワード・クレバン
マーヴィン・ハムリッシュ
出演 マイケル・ダグラス(ザック)
アリソン・リード(キャシー)
テレンス・マン(ラリー)

1986年(昭和61年)に流行した洋画6位「エイリアン2」


監督 ジェームズ・キャメロン
製作 ゲイル・アン・ハード
音楽 ジェームズ・ホーナー
出演 シガニー・ウィーバー(エレン・リプリー)
マイケル・ビーン(ドウェイン・ヒックス)
ランス・ヘンリクセン(ビショップ)

1986年(昭和61年)に流行した洋画7位「愛と哀しみの果て」


監督 シドニー・ポラック
製作 シドニー・ポラック
音楽 ジョン・バリー
出演 メリル・ストリープ(カレン・ブリクセン)
ロバート・レッドフォード(デニス)
クラウス・マリア・ブランダウアー(ブロア)

1986年(昭和61年)に流行した洋画8位「コマンドー」


監督 マーク・L・レスター
製作 ジョエル・シルバー
ローレンス・ゴードン
音楽 ジェイムズ・ホーナー
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー(ジョン・メイトリックス)
アリッサ・ミラノ(ジェニー・メイトリックス)
レイ・ドーン・チョン(シンディ)

1986年(昭和61年)に流行した洋画9位「ポリス・ストーリー 香港国際警察」


監督 ジャッキー・チェン
製作 レナード・K・C・ホー
ウィリー・チェン
音楽 マイケル・ライ
出演 ジャッキー・チェン(ケビン)
ブリジット・リン(セリーナ)
マギー・チャン(メイ)

1986年(昭和61年)に流行した洋画10位「サンタクロース」


監督 ヤノット・シュワルツ
製作 イリヤ・サルキンド
ピエール・スペングラー
音楽 ヘンリー・マンシーニ
出演 ダドリー・ムーア(パッチ)
ジョン・リスゴー(B・Z)
デヴィッド・ハドルストン(クラウス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です